安心・安全への取り組み

安全への取り組み

求められる「安全・安心」を実行するために、常に真摯にひたむきに鑑み改善し、真に楽しい旅行プランを提供するプロとしての自覚を強く意識しています。求められる「安全・安心」を実行するために、常に真摯にひたむきに鑑み改善し、真に楽しい旅行プランを提供するプロとしての自覚を強く意識しています。

那須中央観光では、車社会を担う一員として、交通安全への取り組みを究めることを目指しています。
社員教育や運転士心得として、「安全」こそが最も重要で基本となるサービスであると考え、
お客さまに安心してご利用いただけるよう、社員一丸となって交通安全への取り組みを日々行っております。

  • 車両安全対策
    運行の安全性を高める車両整備を徹底し、安全装置やシステムを導入しています。
  • 運行管理体制
    運転士の健康状態及びバスの運行状況の把握により、運行車両の管理を行っています。
  • 安全教育・訓練
    日々の運行をより安全に行うため、また突発的な事象にも対応できるよう教育訓練を行っています。
    また、年度ごとに安全目標を定めています。

輸送の安全に関する基本的な方針(安全方針)

  • 1.輸送の安全確保がバス事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力をします。
  • 2.輸送の安全に関する法令等を十分理解すると共にこれらを遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行します。
  • 3.輸送の安全に関する計画の策定(Plan)、実行(Do)、点検(Check)、改善(Act)の徹底により、絶えず安全性の向上に努めます。
  • 4.私たちは、職務の実施にあたり、常に輸送の安全に関する状況を確認し、情報は正確かつ迅速に伝えます。

輸送の安全確保に関する組織体制

緊急時連絡体制

安全への取組事例

  • 「輸送の安全のための実施計画」を年度毎に策定し実施しています。
  • 全従業員に安全教育講習を行っています。
  • 各種管理者に対し外部セミナー等の受講を積極的に行っています。
  • 各種管理者・管理補助者に講習会を実施しています。
  • 全乗務員に対し、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査を年1回行っています。
  • 全乗務員に対し、運転適性診断を受診させ、その結果に基づく個人指導を行っています。
  • 全乗務員に対し、毎月1回安全のための教育を実施しています。
  • 安全管理の取組状況を随時確認すると共に内部監査を実施しています。
  • 事故防止対策会議および運輸安全マネジメント会議を実施しています。
  • 安全への取組の結果を踏まえた改善を随時おこなっていきます。

令和3年度内部監査の実施結果

運輸安全マネジメント
指摘 無 / 改善措置 無

各種法令等の適合
指摘 無 / 改善措置 無

各種規定の管理
指摘 無 / 改善措置 無

労務管理
指摘 無 / 改善措置 無

令和4年度の輸送の安全に関する目標

安全目標

  • 人身事故 「ゼロ」
  • 飲酒運転 「ゼロ」
  • 車内事故 「ゼロ」
  • 物損事故 「ゼロ」
  • 自動車事故報告規定第2条に規定する事故(重大事故) 「ゼロ」

重点施策

  • 輸送の安全の為、関係法令ならびに規則を遵守し、業務の遂行にあたります。
  • 輸送の安全に関するPDCAサイクルの確実な実施と見直しで、さらなる安全性の向上に努めます。
  • 「最高の安全と安心」を提供することで、お客様に満足と感動をご提供します。

令和3年度の輸送の安全に関する目標達成状況

目標 結果 目標達成状況
飲酒運転の撲滅 0件 達成できた
車内事故「ゼロ」 0件 達成できた
人身事故「ゼロ」 0件 達成できた
物損事故「ゼロ」 0件 達成できた
ゴールド免許失効者「ゼロ」 0件 達成できた

令和3年度事故に関する統計

自動車事故報告規則第2条に規定する事故

重大事故件数 0件

その他事故

軽傷事故件数 0件

車内事故件数 0件

物損事故件数 0件

運輸安全一括法の改正を受け、安全管理規定を作成し、業務においてPDCAサイクルを実施していくことで安全マネジメント体制を整えています。

那須中央観光では、車社会を担う一員として、交通安全への取組を究めることを目指しています。
社員教育や運転士心得として、「安全」こそが最も重要で基本となるサービスであると考え、
お客さまに安心してご利用いただけるよう、社員一丸となって交通安全への取り組みを日々行っております。

※PDCAサイクル=安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を繰り返すサイクル

PDCAサイクル

  • 計画(Plan)
    ・安全方針・安全重点施策の作成および周知を行っています。
  • 実施(Do)
    ・安全統括管理者による業務中の安全に関わる指導を行っています。
    ・安全な業務の遂行に必要な情報の伝達及びコミュニケーションを行っています。
    ・社員教育・訓練を行っています。
    ・法定点検および整備を行っています。
  • 評価(Check)
    ・内部監査を実施し、業務の評価を行っています。
  • 改善(Act)
    ・評価を受けての改善点の確認を行っています。
    ・プラン(計画)の見直しと継続的改善を行っています。

那須中央観光バスは、(社)日本バス協会の会員。だから「安心・快適」な旅をお約束します。

NBA

このステッカーは、利用者が貸切バスを選択される際、参考としていただくためのマークです。このステッカーが貼ってあるバスは(社)日本バス協会に加盟している会員会社のバスです。
NBAの会員会社は、お客さまの安全かつ快適なご旅行に供するため、運転者の各種の安全対策に積極的に取り組んでいますので、質の高い乗務員とゆきとどいたサービスにより、心行くまでバス旅行を楽しんでいただけます。

貸切バス事業者安全性評価認定制度

SAFETY BUS 安全性評価認定

当社は令和3年12月に「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の3ツ星の認定を受けました。
この認定制度は、日本バス協会において、貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の確保に向けた取り組み状況について評価認定を行うもので、利用者や旅行会社の皆様がより安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくなるものです。
これからも、より安全な貸切バスサービスを目指していきます。

環境経営活動

那須中央観光バス株式会社は、排気ガス規制が強化された平成14年以降も、規制に適合する最新の「環境対応型」車両を導入し、環境負荷の低減に取り組んでいます。
今後ともこうした環境対応型車両の導入や「エコドライブ」の取り組みを更に強化するとともに、地域社会との共生を目指す企業として、様々な環境経営への取り組みを積極的に推進してまいります。